癒しのピアノと京都

ピアノで癒される。大人のピアノ練習や京都のことなど..

スポンサーリンク

辻利「宇治抹茶の生八つ橋」が美味しい

嵐山の渡月橋近くにある「辻利」の店に行ったとき、
宇治抹茶の生八ツ橋 という八つ橋があり、とても美味しそうだったので、お土産に買って帰り、食べてみました。

 

「辻利」は、京都宇治茶の老舗。


嵐山 渡月橋近くの辻利の店舗は、建物の奥のほうにあって、道路側からは見えにくいです。

 

嵐山の辻利の店舗

 

宇治抹茶の生八つ橋を食べてみた感想

宇治抹茶の生八つ橋は、辻利の宇治抹茶を白あんに加え、北海道産小豆を合わせたお抹茶餡を抹茶生地で包んだ八つ橋です。

 

辻利 宇治抹茶の生八つ橋の包み紙と箱

 

 

生八ッ橋が8個入り。

価格は540円(税込)


宇治抹茶八つ橋が4個入った袋が2つ入っています。

 

辻利 宇治抹茶の八つ橋の箱を開けたところ

 

 

日持ち・賞味期限は、

店舗で購入した日から約1週間ほどとなっていました。 


一番摘み抹茶のみを使った「抹茶糖」が付いていて、八つ橋にふりかけて食べるようになっています。


袋から出した宇治抹茶八つ橋は、やわらかいです。

ふりかけた抹茶糖の緑が色鮮やか。

 

辻利 宇治抹茶の生八つ橋をお皿に盛った画像

 


宇治抹茶八つ橋を食べてみると、抹茶の良い香りと味がしました。


生地がやわらかく、甘さひかえめで美味しかったです。

 

お抹茶はちょっと苦手で あまり飲めない私ですが、宇治抹茶八つ橋は苦味がほとんどなくて、美味しく食べられました。

 


辻利の店では、抹茶入りわらび餅も買って食べようかなと思ったのですが、

店員さんが、「わらび餅は甘みが少なくて抹茶の苦味がある」と言われていたので、抹茶わらび餅はやめておきました。


京茶クレープロールというのも美味しそうで、買おうかなと迷ったのですが.. 

糖質を摂りすぎないよう、甘いものをたくさん食べすぎないようにしたいと思い、1番食べてみたかった宇治抹茶八つ橋だけにしておきました。

 

 

宇治抹茶の八つ橋 原材料名と栄養成分

《原材料名》

⚫︎生菓子
砂糖、米、白生あん、小豆、抹茶、きな粉(大豆を含む)、寒天/酵素

 

⚫︎ふりかけ用抹茶糖
砂糖、抹茶

 


《栄養成分》

【生菓子】1箱(8個)あたり
熱量 483kcal
たんぱく質 7.2g
脂質 1.0g
炭水化物 111.4g
食塩相当量 001g

 

【ふりかけ用抹茶糖】1袋あたり
熱量 8kcal
たんぱく質 0.2g
脂質 0.0g
炭水化物 1.7g
食塩相当量 0.00g

 

 

 

 

kyoto888.hatenablog.com