癒しのピアノと京都

ピアノで癒される。大人のピアノ練習や京都のことなど..

スポンサーリンク

ゼナカラー120色入り色鉛筆はピンク系の種類が多い。口コミ

色鉛筆は、トンボの36色入り色鉛筆とステッドラーの60色水彩色鉛筆を持っているのですが、


塗り絵や絵を描くときに色の種類が少なくて、他の色が塗りたい と思うことがあるので、もっとたくさんの色の種類が入っている色鉛筆を購入することにしました。

 

それで、ネットでいろいろ探して考えたところ、

ゼナカラーの120色入り色鉛筆が良さそうだと思い、購入しました。

 

 

☆ZENACOLOR

ゼナカラー 120色色鉛筆

 

ゼナカラー 120色色鉛筆

 

 

ネットの画像で見ると 色鉛筆の入っているケースのサイズが小さく見えましたが、実際は横の長さが約38cmほどあり、大きいです。


3段で収納されています。

 

 

kyoto888.hatenablog.com

  

 

花や植物の色がたくさん入っている色鉛筆

このゼナカラー 120色色鉛筆を選んだ理由は…


ピンクの色の種類が多かったから

 

 

これまで、お花の絵を塗るときに、ピンク系の色の種類が少なくて物足りなく思っていたので、ピンク系の色がたくさん入っている色鉛筆はとても魅力的。


ピンク色が好きで、女性のドレスや洋服の絵の色も、ピンク系の色がいろいろあると、自分のイメージに近い色を塗ることができて満足度が高くなります。

 

 

ピンク系の色がたくさん入っているゼナカラー 120色色鉛筆

 

 

あと、お花の色でいうと、赤系の色も多いですし、オレンジや黄色系の色の種類も多い


それから、青系や紫色系の色も多いです。


緑色の種類も多いので、植物の葉っぱなどを描くときや自然の風景画でいろいろな緑色が塗れて楽しいです。


茶系もたくさん入っていますよ。

 

ということは、全部の色がたくさん入っているということかな…笑

 

灰色(グレー系)はちょっと少ない気がします。

 

 

120色全部の色を塗ることができるカラーチャートが入っていて、色の名前や色鉛筆の番号も書かれているので、このカラーチャートがあると絵に色を塗るときにとても便利です。

 

 

ゼナカラー120色入り色鉛筆のカラーチャート(色見本)

 


ゼナカラー120色入り色鉛筆のカラーチャート(色見本)2枚目

 


ピンクでは、

ピンク、ライトピンク、ベビーピンク、フラミンゴ、コーラルピンク、パールピンク、ホットピンク、マジェンタ、ローズピンク、等々…

 

 

黄色系の色もたくさん入っていて、塗ってみると、あれ?同じ色?と思うくらいの微妙な色の違いもありますが、


薄く塗るときと、しっかり濃く塗るときと、塗り方によって色の見え方が変わりますからね。

 

同じ色のように見えても 違う色なのかなと思います。

 

 

 

ゼナカラー 120色色鉛筆の品質

ゼナカラー 120色色鉛筆

 


ゼナカラー 120色色鉛筆は、これまで買って使ったことがなく、いま家に持っているトンボやステッドラーの色鉛筆などと比べて品質的にどうなんだろう?と購入前は少し心配でした。


Amazonの口コミなども見て、おうちで趣味で使うくらいだったら まあ問題ないかなという感じで購入してみました。

 

 

ネットで購入し、おうちに届いて 色鉛筆の箱を開けてみると、


持ち手の部分にちょっとキズがある色鉛筆が1本


あと、持ち手側ではなくて削ってあるほうに色番号と色の名前の文字が印刷されているのが1本ありました。


どちらも、使用するときには特に問題なく使えます。

 

 

塗るときや描くときの感じはやわらかめで、塗りやすいです。

 

 

茶系の色を使ったときに、気のせいか、なんとなく黒い色がまだらに出ていたような感じだったのですが、


そのときはレンガを塗っていたときだったため、茶色に黒色がところどころ少し混ざって 良い感じかも と思いました。笑

 

 

ちょっとキズがあったり、文字の印刷が逆(削る方が逆)だったり、

販売する商品としてはちょっとどうかな…と思うところもありますが、


塗り具合は良い感じで、家で趣味で塗り絵を塗ったり 絵を描いたりする分には十分ではないかなと思います。

 

 

ゼナカラー 120色色鉛筆は、Amazonで価格がとても安くなっていたので、Amazonで購入しましたよ。

 

 

 


わたしは色が好きなので、ピンク系や赤系、黄色系、緑系、青系の色が多い120色の色鉛筆は、眺めているだけでも とてもワクワクして楽しいです ♪

 

 

いま、新型ウイルスによる外出自粛で 植物やお花を見に行くことができなくて残念なのですが、コロナが終息したら、また きれいなお花を見に出かけていって、スケッチなどできたらいいなと思います☆

 

 

kyoto888.hatenablog.com